今後のCADオペレーターに必要な視点って何?

CADオペレーターの仕事内容

図面を作成するCADソフトですが、建築や土木、機械の設計におおいて欠かせない存在です。
その図面を専門にするCADオペレーターの仕事は、どのような種類があるのでしょうか。

1.指示に従って図面を描く

配属の部署や個人事業主の人であれば発注者の指示のもと、実際に作成可能な図面を作成します。
仕事内容はラフ図からの製図、実際に現場で使用される詳細図、プレゼン用の3D図といった範囲まで幅広く、
任される図面はその人の能力と経験に大きく影響されます。

2.図面を修正する作業

設計には変更がつきもので、完成までに何度も図面を修正しなければなりません。
設計段階に合わせて、随時修正を行うのもCADオペレーターの仕事です。

3.設計をしながら図面を描く

設計の会社に勤めていると、図面の作成だけでなく、実際にディテールを考えながら総合的に図面を描く事が多くなります。
作成には様々な要素を反映する必要があり、CADオペレーターというよりも設計者に近いポジションになります。
オペレーターの求人を出している会社は、ここまでの視点を持っている人を求めていることが多いです。

CADオペレーターの将来性

国内に目を向けると、図面がかける人のニーズは少なくなっているのが現状です。
特に細かいものや高度な知識を要するもの以外は、海外の安い人件費で賄われるのが一般的です。

では、今のCADオペレーターに求められる能力は何でしょうか。
まず、一つの分野に限らず多角的な視点で設計を補助できる人が重宝されます。
また、自動化や作業の効率化の観点から3Dの図面も描ける人も同様です。
3DのCADは作成には手間と時間がかかりますが、修正作業や他部署へのやり取りには必要な情報を入力するだけの作業となるため、
今後図面は3D化される流れとなっています。

現場での作業をしながらの、申請書・図面・見積の作成、大変です。『水道CAD』を使えば、作業後の残業、作業中止日での事務仕事が大幅に短縮されます。