そろそろ知っておきたい!墓じまいの基礎知識

そもそも「墓じまい」とは何か?

近年では家族構成や宗教観の変化が生じており、それが故人の供養にも影響を与えています。先祖代々の墓があっても管理する後継者がいなかったり、よりシンプルな供養を希望して墓が不要になったりするケースが出てきました。その結果、墓じまいという対応をとる例が増加傾向にあります。具体的には、先祖代々の墓を永代供養を可能にする別の墓地に移したり、納骨していた遺骨(遺灰)を散骨したりします。簡単に表現すれば、既存の墓を撤去するのが墓じまいの一番の目的です。墓じまいの実施にあたり、遺族はもちろん既存の墓を管理している寺院や役所と連絡をとる必要があるため、ある程度時間をかけて計画を進めなければいけません。既存の墓を管理している寺院や新たな受け入れ先を管理している寺院には、一定のお布施を渡すのが通例です。

墓じまいをしたら遺骨(遺灰)はどこへ行くのか?

墓じまいが実施されれば、それまでのお墓は撤去されます。遺骨(遺灰)をどのように供養するのか、あらかじめ決めておかなければいけません。よくあるパターンは、新たな墓への移転です。墓参りがしやすい場所に新しく墓地を買い、そこに納骨するのです。また、永代供養を依頼できる寺院(墓地)と契約することも考えられます。永代供養の場合、家または個人の墓石は設置せず、納骨堂などに複数の遺骨といっしょに供養される例があります。別の供養方法として、散骨が選ばれるケースが増加傾向です。これは遺骨を粉末状にして特定の海に散布する供養方法です。遺骨の粉末化と散布は専門企業が代行してくれる場合もあります。すべての遺骨を散布せず、一部を自宅などで保管して供養してもかまいません。

後継者がいない場合の墓は、誰も管理できない恐れが出てきてしまうので、墓じまいを真剣に検討する事をおすすめします。