墓じまいが増えている!時代の変化と多様化に伴う流れ

急増している墓じまいの背景

近年の時代の変化の流れは早く、従来の慣習やしきたりもどんどん変わらざるをえない状況となっています。日本でも核家族や単身世帯の増加や、少子高齢化により、お墓の形態も変わりつつあります。定期的にお墓参りをして手入れをし、代々引き継いでいくというスタイルも現代では難しくなってきているのが現状です。引き継ぐ子供がいない、いても負担をかけたくない、地元を離れて暮らしている、高齢の人はお参りしたくても大変…などという中、これまでの墓を閉じて、お骨を他へ移すという墓じまいが注目されています。

墓じまいとその流れは?

墓じまいは、お墓からお骨を取り出して、他の永代供養墓地などに移して、元のお墓を更地に戻すものです。
墓じまいの実際の流れでは、まず移転先を決めます。新たな墓地へ移す際には「受入れ証明書」を発行してもらいます。
次に、これまでのお墓の管理者に墓じまいすることを伝え、了承を得、お墓のある市区町村役場で「改葬許可申請書」をもらいます。そして管理者から埋葬証明の印をもらい、役場に「受入れ許可証」と共に提出して「改葬許可証」を得ます。この際、遺骨一体につき、一枚ずつ申請書が必要です。
この後、お墓からお骨を取り出す「開眼供養」を行います。この儀式が済んだら、移す先の墓地にお骨を納めてもらいます。元のお墓は墓石を撤去して更地に戻し返還します。

墓じまいの実際と注意点

墓じまいにかかる費用としては、お墓の解体・撤去代、開眼供養の法要料、移転先での納骨料などがあります。最近は、墓じまいの需要が増え、一連の手続きなど代行してくれるサービスも多くなってきました。いずれにしても、最初に親戚や関係者の理解と承諾を得ておくことが大切です。

墓じまいの費用を事前に知りたいなら見積り請求があります。内訳もチェックできるため相見積りを取ると安心です。