BCP対策とは有事の際に自社の事業を継続させるための対策です。

BCP対策の具体例について。

地震・火山の噴火等の災害時等において自社の事業を中断してしまうと自社やお取引先の経済的損失が発生する場合があります。この様に、災害その他の有事の際に備え自社の事業の継続を確保する対策をBCP対策と言います。例えば、災害時の燃料確保・燃料の貯蔵等があり、ガソリンや灯油等を確保して貯蔵することにより事業の不継続を事前に防ぎます。また、事業の重要な拠点を分散化することにより事業の不継続を防ぎます。災害時には通信手段が制限されることがありますが、転送電話等により通信手段の確保を行い、また、災害時の行動マニュアル等を構築して事業の不継続が起きない様にします。災害時前の事業継続のための従業員の研修やこれらの対策を考える部署の設立や関係先との調整もBCP対策に含まれます。

BCP対策の重要性について。

災害等はいつ発生するか分かりません。BCP対策を行うことにより、事業の不継続は可能な限り防ぐことができますがこの対策はメリットが多くあります。例えば、会社に入る収益の確保が行えます。企業は事業を行いその対価として取引先からお金を貰っていますが、事業が継続できない場合取引先との取引が中断してしまうのでお金が入ってきません。これは、自社の従業員の給料の支払いや関係先への支払いができなくなる場合があります。BCP対策により関係先に迷惑をかけなくすることもできます。災害時に自社の事業が不継続になれば、取引先との取引が中断してしまい取引先に迷惑をかけてしまう場合がありますがBCP対策は防いでくれます。この様にBCP対策は、自社の為自社の大切な取引先のためになる重要なリスク対策だと言えます。

現代社会では大規模な災害時にも事業を継続する事が求められます。地震などが起きた時に速やかに事業を再始動するための取り組みがBCP対策です。